第一印象は怖かった金髪の彼

私がまだ大学生だったころに出会った彼とのお話です。

地元を離れ、一人北海道の大学に進学しました。

初めての一人暮らし、初めての場所、新たな出会いがいっぱいの毎日で、ドキドキとワクワクの毎日でした。

そんな大学も1ヶ月が過ぎ、少し慣れてきたころ、同じ学部だけど一度も話したことがない男の子と、同じグループで授業を受けることになりました。

金髪で強めのパーマ。

「ちょっと怖いな…」「あまり関わりたくないな…」と思ったことを覚えています。

そのときは全く意識していなかったので、たいして会話もすることなく授業が終わったのですが、入学から半年後のゼミ分けでまさかの対面。

しかも、同じ学年で5人しかいないゼミだったので、これからずっと一緒なのかと思うと少し気が重くなりました。

数カ月もすると、私がいたゼミは宿題が多いことから、ほとんどの生徒が休みがちで、私と彼だけという状況が増えました。

「宿題やった?」「今回も多くて大変だったよー」なんて当たり障りのない会話だけで過ごす日々。

好きなアニメが同じで急速に仲良く

そんなあるとき、彼が先輩と今期のアニメについて話していたのです。

偶然にも私がその当時ハマっていたアニメで、「面白いよね!」と話しかけると、なんとすごく詳しくて驚きました。

アニメの内容だけでなく、制作会社とか監督とか、舞台になった町とか。

彼と話す時間が楽しくて気が付けば夜になっていました。

それからは毎日学校に行って彼と話すのがすごく楽しみになっていました。

おすすめの漫画やDVDの貸し借りをしたり、放課後一緒に本屋さんに行ったり。

彼には遠距離の彼女がいました

周囲の友達からはよく「付き合っちゃえばいいのに」「もう彼氏と彼女だよね」なんて言われることも。

しかし、彼には高校時代から付き合っている遠距離の彼女がいたのです。

長期の休みの前には「明日彼女が遊びに来るんだ」なんて嬉しそうに言うのを見て、大好きなんだなとほほえましく感じる一方で、ちょっとだけ嫉妬もしていました。

そのときはまだ彼を好きだという確信がなかったこともあり、私も早くいい人を見つけて、彼に自慢しようなんて思い、テニスサークルの同期とお付き合いすることになりました。

シングルになるも交際にいたらず卒業

それから1年もすると、気になる彼も私もお付き合いしている相手とうまくいかなくなり、破局。

いよいよ彼と付き合うのかななんて思ったこともありましたが、毎日授業で顔を合わせることもあり、振られたら耐えられない、付き合っても別れたら……なんて想いで、卒業まで気持ちを伝えることができませんでした。

社会人になって東北の地元に戻ってからは、慣れない仕事でミスが続いたり、父が病気になって家のことが大変だったり、自分のことで精いっぱい。なんでこんなに毎日つらいんだろうと、藁にもすがる思いで頼ったのが、「占い専科」です。

占いがきっかけで彼と付き合うことに

元々、占いは興味本位でしか利用したことはなかったのですが、そのとき言われた「あなたの一番好きな人に連絡をしなさい」という言葉がどうしても気になったのです。

就職してから彼とは一度も会っていないのですが、どうしているのかなときになったこともあり、「元気?」とメールしてみました。

すると、近々仕事で私のいる町に来るというのです。

「一緒に飲もう」ということになりました。

学生時代とは違って黒髪できちんと整えた髪型に、昔以上にドキドキして、ちょっとだけ前のように話せないでいたところ、「実は学生時代から好きで、卒業しても気になっていた」「今久々に会って、やっぱり気持ちが変わっていないことに気づいた」と、私と同じことを思っていたようで、そこからはとんとん拍子。

私の悩みも親身に聞いてくれて、とても優しい彼とは今も続いています。

占いの一言で行動する勇気をもらえて本当に良かったです!

気になる占いの言葉はあなたの心の声

私のおすすめは「占い専科」(弘前)、母は「慈光密庵」先生(青森)を信頼しています。

占いにすべて頼ってしまっては、あなた自身のやりたいことと違う結果になってしまうこともあるかもしれません。

しかし、アドバイスの中で、自分の心の中でもなにか「気になる」と思った言葉は、あなた自身の心の奥底でずっと気になっていたことかもしれません。

一歩進む勇気がないときに、アドバイスの通りに動いてみるというのもアリだなと思いました。

author: さーゆ(27 female) photo: